一人掛けソファーの置き方で雰囲気が変わる

   

お部屋でくつろぐときに使用するソファーには二人以上が座れる横長のものもあれば、一人掛けのものもあります。部屋の大きさによって家具の大きさは変わりますが、大型のソファーと一人掛けソファーを置くのとでは部屋の雰囲気が随分変わります。コンパクトである一人掛けソファーを2台置くことで、通路を確保しやすく置く角度を変えることで部屋の空間を立体的に魅せることができます。
2台を横に並べて置いて、その間に小さめのテーブルを置けば、独立した空間ができて、ゆとりのある雰囲気が完成します。同じ色のソファーにすれば落ち着きが、違う色のソファーを置けばポップ感や個性的な空間が生まれておしゃれな部屋になること間違いありません。部屋の広さによって置き方を工夫することで更におしゃれ感が増します。リラックススペースが部屋の中に誕生するのです。

部屋のインテリアに合わせてコーディネイトする

一人暮らしのお部屋で、自分が座るのを前提にソファーを選ぶときは部屋の雰囲気に合わせた素材のものを選ぶといいでしょう。部屋のインテリアが決定している状況でソファーを置こうとするなら、インテリアに合わせた素材や形のものをセレクトしましょう。
例えば、部屋がバリ島などのアジアンリゾートをイメージするようなインテリアであれば、リゾートホテルのような空間を作り上げることもできるのです。天然素材、もしくはアースカラーで柔らかいフォルムの編み込み素材のもので、両サイドに大きなひじ掛けがついていて、背もたれには大きなクッションがついたアジアンテイストのものを壁よりに置くことでそこにリラックス空間が生まれます。部屋のなかを統一感のあるコーディネイトにすると癒されて落ち着いた雰囲気にもなります。

置き方ひとつで部屋の模様替えに合わせてアレンジできる

一人掛けソファーを二つ横に並べておくことで機能的なソファーを、おしゃれなインテリアにしてしまうのもありです。二つのソファーの色を変えると部屋のアクセントにもなります。男性のお部屋であればオールレザーのどっしりとしたソファーや暗めの色の木製のひじ掛けがついたものなど、落ち着いた雰囲気のものを置き、サイドテーブルも合わせるとクールな空間が完成します。
ワンルームの場合は、生活感が出がちですが、ソファーを置くことで各段とおしゃれな雰囲気になります。デザインがシンプルなものであれば、模様替えをした場合にも置き方のアレンジで部屋になじませることができます。ソファーは斜めから見たデザイン、真正面から見たデザイン、そして背もたれの後ろから見たデザインが異なりますので、部屋の雰囲気に合わせて置き方を変えるだけでも大丈夫です。